• ホーム
  • ドクター紹介
  • 医院案内
  • 診療内容
  • アクセス

診療内容案内

  • 生活習慣病
  • 在宅医療
  • 頭痛
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 予防接種
  • 禁煙外来
  • ED
  • AGA
  • 求人募集
  • コラム
  • スマートフォン対応しています
  • WEB問診票

コラムcolumn

転倒にご用心!

ちょっとした段差でつまずいたり、歩行中にバランスを崩しよろけてしまったことがありますか?歳を重ねるにしたがって転倒事故は多くなります。老人ホーム に居住している65歳以上の高齢者1406人を調べた研究では1年で合計204回転倒しているという報告もあります。高齢者の転倒は、骨折という大きな事 故につながり寝たきりになってしまうことが少なくありません。転倒を予防するには、住み慣れた住居の環境を整えておくことが大切です。敷居の段差、コード 類の設置具合、床・階段・風呂場の滑り具合、適切な照明の確保など様々な個所に転倒の危険があることを察知し、様々な工夫が必要です。また、骨の強化も欠 かせません。?@カルシウムの多い食事?A日光浴?B運動を取り入れた日常生活が有効です。寝たきりにならないためにも、日頃のストレッチや運動は、筋力 をアップすることや反射神経を鍛えることにもつながり、今からでもしなやかな体を作り上げることは可能です。またそれを維持することによって転倒は十分防 げます。いつまでも若々しい体を維持できるよう頑張りましょう。
文責:中村優子

PAGETOP