• ホーム
  • ドクター紹介
  • 医院案内
  • 診療内容
  • アクセス

診療内容案内

  • 生活習慣病
  • 在宅医療
  • 頭痛
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 予防接種
  • 禁煙外来
  • ED
  • AGA
  • 求人募集
  • コラム
  • スマートフォン対応しています
  • WEB問診票

コラムcolumn

自律神経失調症

日常のストレスや疲れから「体がだるい」「頭が痛い」「食欲がない」「息苦しい」など慢性的な体の不調を訴える方が増えているようです。病院を受診し、検 査を行っても「何も異常なし」と診断されても、実は『自律神経失調症』であったということがあります。『自律神経失調症』は、自律神経(交感神経と副交感 神経)がバランスを崩した状態となり、自律神経が司る体のあちらこちらに様々な不快な症状が現れてきます。自律神経失調症は、自律神経の乱れによるもので すが、過重なストレス、不規則な生活習慣は大きな原因になります。また、体質や性格などによっても自律神経失調症に罹かりやすいともいわれます。
自律神経失調症のつらい症状があったら、我慢せず近くの医院や病院を受診し、一通りの検査や治療を受けた方がよいと思われます。初期にはゆっくり体を休 め、それぞれの症状にあった治療を受けていく事で回復に向かうことができると思います。しかし、自律神経失調症と思われる症状の背景に、うつ病などの精神 疾患が隠れていることもありますので、まずは、かかりつけ医にご相談の上、精神科や心療内科に診察してもらいましょう。自分の心と体、生活習慣を見つめ直 し、ストレスと上手につきあっていくことが大事なようです。

PAGETOP