医療法人 奏健 やまもとクリニック

相模原市東林間の内科【やまもとクリニック】内科・小児科・禁煙外来

〒252-0311 神奈川県相模原市南区東林間5-13-8

コラムColumn

冷房病に気をつけて!

真夏は、冷房の効いている室内と室外との温度差が10℃以上になり、また冷たい食べ物、飲み物から体の内側からも冷やされ、血管が縮み、血流が悪くなって きます。それらは自律神経の働きにより調節され、急激な温度差によってその働きが弱くなってしまいます。この状況が冷房病といわれるものです。自律神経が 乱れると、体のさまざまな器官の働きに支障をきたします。症状としてはむくみ、頭痛、生理不順、体は寒くないのに手足が冷たい、眠れない、何もする気が起 こらない、疲れが取れないなどがあります。
これら様々な不調から身体を守るには、まずストレスを解消して、体の芯から温まることが大切です。ぬるめのお湯、半身浴は新陳代謝を高め安眠効果もあります。また外気との温度差を5℃以内にし、冷気から体を守るなど工夫をしてみましょう。
文責:中村優子