• ホーム
  • ドクター紹介
  • 医院案内
  • 診療内容
  • アクセス

診療内容案内

  • 生活習慣病
  • 在宅医療
  • 頭痛
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 予防接種
  • 禁煙外来
  • ED
  • AGA
  • 求人募集
  • コラム
  • スマートフォン対応しています
  • WEB問診票

コラムcolumn

冷房病に気をつけて!

真夏は、冷房の効いている室内と室外との温度差が10℃以上になり、また冷たい食べ物、飲み物から体の内側からも冷やされ、血管が縮み、血流が悪くなって きます。それらは自律神経の働きにより調節され、急激な温度差によってその働きが弱くなってしまいます。この状況が冷房病といわれるものです。自律神経が 乱れると、体のさまざまな器官の働きに支障をきたします。症状としてはむくみ、頭痛、生理不順、体は寒くないのに手足が冷たい、眠れない、何もする気が起 こらない、疲れが取れないなどがあります。
これら様々な不調から身体を守るには、まずストレスを解消して、体の芯から温まることが大切です。ぬるめのお湯、半身浴は新陳代謝を高め安眠効果もあります。また外気との温度差を5℃以内にし、冷気から体を守るなど工夫をしてみましょう。
文責:中村優子

PAGETOP