• ホーム
  • ドクター紹介
  • 医院案内
  • 診療内容
  • アクセス

診療内容案内

  • 生活習慣病
  • 在宅医療
  • 頭痛
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 予防接種
  • 禁煙外来
  • ED
  • AGA
  • 求人募集
  • コラム
  • スマートフォン対応しています
  • WEB問診票

コラムcolumn

骨そしょう症に気をつけて!

私たちの骨は20代から30代にかけてピークとなりますが、年齢とともに減少し、80歳くらいになると、ピーク時に比べて男性で約30%、女性は約40% も骨量が減少するといわれています。骨量の減少は生理的なものですが、骨からカルシウムやリンが過剰に脱出し、骨折しやすく、いったん骨折してしまうと治 りにくい病気です。骨そしょう症の推定患者数は、1100万人といわれる一方、治療されている人は2割にも満たないと報告があります。カルシウム不足はも ちろんですが、女性ホルモン(エストロジェン)の分泌不足、運動量の減少などが深く関係しています。また、過度の喫煙や飲酒、コーヒーの多飲、塩分・糖の 過剰摂取、ストレス、やせ、無理なダイエットなども関与しているといわれます。60歳過ぎて急激に増加し、特に閉経期以後の女性に多いようですので十分に 気をつけなければなりません。骨そしょう症の診断の中で、近年注目されているのは尿中の骨代謝マーカーの測定です。他に、骨量の測定や腰椎X線写真などあ り、どの検査も簡便にすることができます。年を重ねて身長が縮んでしまった経験を持つ方、背が丸くなったと思われる方、元気に日常を過ごしていただくため にもぜひ検査をお勧めします。
文責:中村優子

PAGETOP