• ホーム
  • ドクター紹介
  • 医院案内
  • 診療内容
  • アクセス

診療内容案内

  • 生活習慣病
  • 在宅医療
  • 頭痛
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 予防接種
  • 禁煙外来
  • ED
  • AGA
  • 求人募集
  • コラム
  • スマートフォン対応しています
  • WEB問診票

コラムcolumn

新制度『特定疾患・特定保健指導』について

2008年4月から健診・保健指導の仕組みが変わります。従来の40歳以上の市民を対象とした基本健診はなくなり、新しい健診は「内臓脂肪を放置すること によって心筋梗塞や脳卒中にかかりやすい」という考えを基に作られたメタボリックシンドロームの概念に着目したもので、該当者もしくは予備軍の方たちへ保 健指導を徹底することによって発症を抑制していくという制度で、40歳〜74歳を対象年齢とした『特定健診』というかたちになります。75歳以上の方も引 き続き保険で検診は行われます。生活習慣病が増えることによって医療費の増加傾向に歯止めがかかることを目的とされているようです。しかし、保健指導対象 となる方々に優先順位をつけたり、健康保険組合や自治体の健診率達成による国の補助金カット問題など、国民のための検診制度となるかは今後も注目していく 必要があるようです。
文責:中村優子

PAGETOP