• ホーム
  • ドクター紹介
  • 医院案内
  • 診療内容
  • アクセス

診療内容案内

  • 生活習慣病
  • 在宅医療
  • 頭痛
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 予防接種
  • 禁煙外来
  • ED
  • AGA
  • 求人募集
  • コラム
  • スマートフォン対応しています
  • WEB問診票

コラムcolumn

脱水にご注意です

私たちの体に必要な1日の水分はどれくらいでしょう。成人であれば、2.5Lの水分摂取が必要といわれます。いわゆる飲む「水分」はもちろんのこと、食物 の水分も含めての目安です。運動をあまりしない人は2リットルぐらいでもよいでしょうし、運動量が多く、汗をたくさん掻く人は3リットル位飲んだほうがよ いかもしれません。水分摂取が少ないと便秘となり、新陳代謝も低下します。夏場は知らない間に脱水に陥りやすいので注意が必要です。汗をかくと体内の水分 が減り、当然血液の中の水分量も減り血液が濃縮しますので、この状態が続くことによって、体全体に水分や酸素が行きわたりにくくなり、臓器・筋肉・神経の 働きも低下します。また汗にはナトリウムなどの電解質が含まれており、大量の汗をかくことによって電解質のバランスが崩れ筋肉の痙攣という状態を引き起こ します。 夏場だけでなく、寒いときにも「はぁ?」と息をすることですら、呼吸による水分は失われます。知らないうちに皮膚から蒸発していく水分もあります。何もし なくても失われる水分があることを知り、日ごろからこまめに水分補給の習慣をつけ、夏場は特に、スポーツドリンクや塩水で水分補給をすることなど気をつけ ましょう。今、メディアでも『脱水率2%をこえると危険』といわれるくらい脱水率(運動前後の体重低下率)には十分に気をつけなければなりません。

PAGETOP