• ホーム
  • ドクター紹介
  • 医院案内
  • 診療内容
  • アクセス

診療内容案内

  • 生活習慣病
  • 在宅医療
  • 頭痛
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 予防接種
  • 禁煙外来
  • ED
  • AGA
  • 求人募集
  • コラム
  • スマートフォン対応しています
  • WEB問診票

コラムcolumn

うつ病はこころの風邪?(治療編)

うつ病は、治療することで比較的簡単に回復に向かうことができます。原則は『服薬』と『休息』です。現在、よく使用されている『SSRI』『SNRI』と 呼ばれるタイプの抗うつ薬は、脳内の神経伝達物質であるセロトニン・アドレナリンの利用を高め、脳の働きを改善する薬剤です。以前から使われてきた三還系 抗うつ薬に比べ副作用が少なく、安全性が高まっている等利点が多く見られます。効き目や副作用(口乾燥、便秘、排尿障害、尿閉)のでやすさは個人差があり ますので、少量から始めそのひとにあった量・種類にあわせていくことが大事になります。薬の効果を十分得るためには『こころの休息』を確保することが重要 になります。間違っても「自分はこんなに怠けてもいいのだろうか」などと気に病んだり自分を責めたりしないようにしてください。『休むことが治療』であ り、『病気を治すため』にごろごろしていることをしっかり認識しましょう。
文責:中村優子

PAGETOP