• ホーム
  • ドクター紹介
  • 医院案内
  • 診療内容
  • アクセス

診療内容案内

  • 生活習慣病
  • 在宅医療
  • 頭痛
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 予防接種
  • 禁煙外来
  • ED
  • AGA
  • 求人募集
  • コラム
  • スマートフォン対応しています
  • WEB問診票

コラムcolumn

メタボリックシンドロームって何?

生活習慣病とよばれる『肥満症・糖尿病・高血圧症・高脂血症』これらの疾患は、内臓脂肪(腸)の周辺に脂肪が蓄積した肥満が原因と考えられています。いわ ゆる内臓脂肪肥満になると、さまざまな病気が引き起こされるこの状態をメタボリックシンドロームと呼ばれ注目されています。メタボリックシンドロームをそ のまま放置することで動脈硬化をすすめてしまう可能性が高くなります。
 内臓脂肪が多くたまっているかを簡単に調べる方法は、ウエスト径(へそまわり)が男性では85cm以上、女性では90cm以上であれば内臓型が疑われま す。また超音波検査やCTスキャンなどで内臓脂肪量測定を行うことでより正確にわかります。内臓脂肪は、容易に貯まり易く、容易に燃焼することができるの で日々の食事や運動を心がけることが大切といわれています。食事療法のポイントは、食事量・バランス・規則正しい食事に注意し、運動療法は、息切れしな い程度の運動を1日30分以上、週3回以上続け、効果が現れるまでの継続が大事になります (^.^)
文責:中村優子

PAGETOP