医療法人 奏健 やまもとクリニック

相模原市東林間の内科【やまもとクリニック】内科・小児科・禁煙外来

〒252-0311 神奈川県相模原市南区東林間5-13-8

コラムColumn

梅雨の季節にご用心!!~気管支喘息~

梅雨や季節の変わり目に多い病気として気管支喘息があります。症状は軽いものから重いものまでさまざまなで、発作性に呼吸が苦しくなり、息を吐くとゼー ゼー、ヒューヒューという音がのどの奥から聞こえ、痰のからんだ咳を伴う気管支に慢性の炎症を起こす病気です。発作は、台風の前日や前線の通過など気圧の 変動する時に多く起こり、発作を繰り返すことによって気管支の炎症は続き、徐々に悪化することがわかっています。『発作を止める』ではなく、『発作を出さ ない』生活が望ましいと思われます。上手に喘息をコントロールするには日ごろの生活管理がとても大切です。ダニやカビなどの発作の原因を減らし、風邪の誘 因となる冷えや過労を避け、うがいや手洗いをまめにおこないましょう。また、ストレスとも密接に関係していることから、気持ちを上手にコントロールしてい く事も大切なことです。
文責:中村優子