• ホーム
  • ドクター紹介
  • 医院案内
  • 診療内容
  • アクセス

診療内容案内

  • 生活習慣病
  • 在宅医療
  • 頭痛
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 予防接種
  • 禁煙外来
  • ED
  • AGA
  • 求人募集
  • コラム
  • スマートフォン対応しています
  • WEB問診票

コラムcolumn

冷えにはご注意ください

女性からの訴えが多い『冷え症』を体質とあきらめている方、また『冷え性』とは認識されていない方も結構多いのです。冷えが慢性的になると、体の血管が終 始収縮した状態になり、血液の循環も悪くなってしまいます。頭痛や腰痛、肩こり、不眠など日常生活に支障が出てしまう程、全身の不調につながることもあり ます。では、なぜ冷えが女性に多いのでしょう?男性に比べ筋肉量も少ないことから熱を作りにくいことがあります。月経時には一時的な貧血状態となり代謝が 低下し、熱が作られない状況が起こります。また、無理なダイエット、締めつける下着、ミニスカートなどは確実に冷えの原因となります。これからの季節は特 に女性は冷えに気をつけなければなりません。対策は、原因からもわかるように、冷える環境や生活習慣を見直すことが大切です。全身の筋肉の7〜8割は下半 身にあるので、下半身をよく動かす運動がお勧めです。スクワットなどが効果的ですが、無理して続けるよりもゆっくり自分のペースで、座ったまま、足の曲げ 伸ばし運動もよいと思います。入浴は体の芯から温まるよう半身浴がお勧めです。入浴できないときは、手浴、足浴も効果大です。食事は、体を温める食材に加 え、栄養バランスよく食べることが大切です。冷え性を防ぐ生活をすることがあらゆる病気を防ぐことにもつながります。また、冷え症と間違えやすい病気もあ ることも事実ですので、気になる方はお近くの医師にご相談ください。

PAGETOP