• ホーム
  • ドクター紹介
  • 医院案内
  • 診療内容
  • アクセス

診療内容案内

  • 生活習慣病
  • 在宅医療
  • 頭痛
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 予防接種
  • 禁煙外来
  • ED
  • AGA
  • 求人募集
  • コラム
  • スマートフォン対応しています
  • WEB問診票

コラムcolumn

2012年インフルエンザ予防接種

「かぜ」は、鼻・のど・気管などの呼吸器にさまざまな病原体が感染して起こります。一方、「インフルエンザ」はインフルエンザウイルスが原因で起こる病気で、肺炎や中耳炎などの合併症を起こし易く、伝染性が非常に強く、症状が激しく重症化しやすいなどから、予防と発生後の対応が必要であり普通のかぜとは区別すべき病気です。インフルエンザの予防接種の有効率は年によって違いますが、65歳未満の健常成人で70〜90%の発症予防効果がある(厚生労働省より)との報告があり、A型インフルエンザはB型より効きがよいようです。昨シーズンから、6ヶ月児〜13歳未満児について1回接種量が増量されましたので、以前の報告より有効率が上昇してくる可能性が期待されます。「毎年接種は必要ですか?」とよく尋ねられます。せっかくワクチンを接種してもインフルエンザに罹ってしまう方もいらっしゃいます。しかし、重い合併症はインフルエンザにかかった方の中から発症するわけですから、ワクチンを接種して、インフルエンザにかかる方を減らすことはとても意義のあることです。接種することで重症化を防げる可能性が高いといわれます。接種してから効果が現れるまで、通常2週間ほどかかります。また、効果が持続するのは5ヶ月間程度と言われています。通常、毎年11月下旬から12月上旬にインフルエンザのシーズンが始まり、1〜3月にピークを迎えますので、予防接種は一般的に12月中旬頃までに受けたほうがよいです。

PAGETOP