医療法人 奏健 やまもとクリニック

相模原市東林間の内科【やまもとクリニック】内科・小児科・禁煙外来

〒252-0311 神奈川県相模原市南区東林間5-13-8

コラムColumn

免疫力アップのためのお食事

あさりとれんこんのチャウダー

寒い日にぴったりな、体が温まるあさりとれんこんの豆乳チャウダーです。
昆布だしと豆乳で、コクのあるスープが簡単に作れます。

あさりはビタミンB12と鉄が豊富に含まれているので、貧血予防の方に効果があります。
末梢神経を正常に保つ働きもあり、肩こりや腰痛の方にもおすすめです。

れんこんはビタミンCが多く、加熱しても壊れません。ビタがミンCは、ウイルスや細菌
が体内に侵入したときに戦う白血球をサポートする働きがあります。また、ビタミンC
はコラーゲンの合成に欠かせません。コラーゲンは細胞にバリアを作り体内にさまざま
なウイルスが入ってくるのを防ぐので、免疫力維持に重要です。

“あさりとれんこんのチャウダー”

<2人分の材料>
※一人分のカロリー 126kcal

・れんこん 100g
・アサリ  200g(缶詰なら1缶)
・にんじん 50g
・玉ねぎ 中 1/4個
・昆布だし汁 500ml
・調整豆乳 100ml

 

(作り方) 

1.あさりは砂抜きして、殻をこすり洗いする。
 れんこんは皮をむき、1cm角に切り、水にさらす。
 玉ねぎはみじん切りにする。
 にんじんはいちょう切りにする。

2.鍋に昆布だし汁、玉ねぎ、れんこん、にんじんを入れ一煮立ちしたら中火で5分煮る。
 あさりを入れて口が開くまでさらに中火で煮る。

3.豆乳を入れて一煮立ちしたら、塩、こしょうで味を整える。

※調整豆乳を使うと少し甘めでクリーミーな味になります。
無調整豆乳を使う場合は、沸騰し過ぎに気をつけて、コンソメや白味噌でコクを出してください。