医療法人 奏健 やまもとクリニック

相模原市東林間の内科【やまもとクリニック】内科・小児科・禁煙外来

〒252-0311 神奈川県相模原市南区東林間5-13-8

コラムColumn

牡蠣のみぞれ鍋

冬に美味しい食材の牡蠣を使ったお料理をご紹介します。
牡蠣は栄養豊富で、特に亜鉛や、貧血の予防に役立つ鉄がたくさん含まれています。
亜鉛は味覚を正常に保つ働きや、細胞の酸化を防いで免疫力のアップに役立ちます。
特に牡蠣は食材の中で、亜鉛の含有率がトップクラスです。寒い冬の体力維持に積極的に食べたい食品です。
牡蠣は濃厚な味わいですが、1粒12kcalと低カロリーなので、ダイエット中のお食事にも向いています。
気になるコレステロールは、1粒で6mgです。上限とされる200mg/日を考えると、よほど一度に大量に食べなければ問題ありません。ですが、一日の適量は5粒くらいまでしょうか。
気をつけたいことは、生の牡蠣を食べてノロウイルスによる急性食中毒です。
体調が悪いときは、しっかり加熱調理をして食べるのがおすすめです。

“牡蠣のみぞれ鍋”

<2人分の材料>
※一人分のカロリー 110kcal

・牡蠣 8粒
・塩 適量
・大根 1/2本
・春菊 1/2束
・油 適量
・片栗粉 適量
・昆布だし汁 800~1000カップ
・醤油 大さじ1

 

(作り方) 

1.牡蠣は塩水でよごれや貝殻をきれいに洗い、水で塩を流しザルに上げる。

2.大根をおろして、ザルに上げて水を切っておく。

3.春菊は5cmの長さに切る。

4.牡蠣の水気をペーパーで拭き取る。片栗粉をまぶして油を引いたフライパンで軽く焼き目をつける。

5.鍋に昆布だしを入れて温め、塩と醤油で味を調える。

6.春菊と牡蠣を入れて、すりおろした大根を上にのせて弱火で温める。

※牡蠣に片栗粉をまぶして油で軽く焼いておくと、お鍋に入れても身がふっくらします。