医療法人 奏健 やまもとクリニック

相模原市東林間の内科【やまもとクリニック】内科・小児科・禁煙外来

〒252-0311 神奈川県相模原市南区東林間5-13-8

コラムColumn

豚肉の甘酒生姜焼き

甘酒は健康効果が高い食品として注目されています。
甘酒には酒粕から作られる物と、米麹を発酵して作られる物の二種類があります。どちらも栄養豊富ですが、今回は米麹を使った甘酒についてご紹介します。甘酒は身体への吸収が早く、すぐにエネルギーになります。また、エネルギーを作るビタミンB群や、からだを作るのに欠かせないアミノ酸が豊富なため、飲む点滴とよばれています。さらに甘酒には腸内環境を整える食物繊維やオリゴ糖も含まれています。
甘酒は100gあたり80kcalです。飲み物としてはカロリーが高めなので、とり過ぎには気をつけてください。
甘みが足りないと感じるときは、生姜で風味をつける、果物と一緒にスムージーにするのもおすすめです。
甘酒の麹菌には「プロテアーゼ」という酵素が含まれています。
この酵素がお肉のたんぱく質の分子を切るため、甘酒につけ込んだお肉は柔らかくなります。今回は甘酒を使った豚の生姜焼きをご紹介します。

“豚肉の甘酒生姜焼きの材料”

<2人分の材料>
※一人分のカロリー 258kcal

・豚ロース肉  160g
・サラダ油  小さじ2

<タレA>
・甘酒  大さじ2
・しょうゆ  大さじ3
・おろし生姜  大さじ1

 

(作り方) 

1.豚肉は筋を切る。

2.ボールに<タレA>の材料を入れ、豚肉を5分漬け込む。

3.フライパンにサラダ油を入れ中火で温める。タレから出した豚肉を重ならないように広げて、フライパンに並べ両面焼く。残った<タレA>をフライパンに入れ絡めて仕上げる。

管理栄養士 大矢眞弓